リスティング広告とは

検索エンジンに広告を出稿、ターゲットをピンポイントに絞れる

リスティング広告とは一般的に、GoogleやYahooなどの検索エンジンに広告を出稿することを指します。ユーザーが検索窓に入力したキーワードに合わせて広告の出稿を行うため、どんなニーズをもったユーザーかを予め仮説立ててターゲットを絞れるのが特徴です。

noimage

広告手法の多様化、運用者によって成果は全く異なる

リスティング広告はGoogleやYahooの検索広告プラットフォーム上で広告を出稿するものです。したがって仕組み上では、運用代行会社に委託せずに自社で運用することも可能です。

ではなぜほとんどの企業がリスティング広告を外注しているのでしょうか。それはリスティング広告には競争の側面があり、片手間で運用しても大きな成果が得られづらいためでしょう。

一括りにリスティング広告といっても手法は多様に存在し、年々多くの機能が追加・アップデートされます。運用担当者がそれらの変化に対応できる必要があり、実は運用代行業社の中でも力量には大きな差があると言われています。ユーザー行動や業界に対するノウハウを持ち、学習熱心で細かい作業を得意とする担当者が大きな成果を上げる印象です。

Webアクセルロゴ|リスティング広告

根本的にWeb戦略を見直したい方へ
無料Webサイト診断を承ります。

詳細を見る

Webアクセルの
リスティング広告

1

調査・仮説立てを行い、入念に計画を立てる

リスティング広告を始める前段階として、どのような目的をもちどれだけの目標値を目指すのかを互いに共有しておくことが大切です。その目的や目標値は適切かどうか、タイミングなども慎重に検討すると良いかもしれません。それに加え、入念な周辺調査の元現実的な実行プロセスを定め、必要な予算とリソースを準備します。

2

ターゲットの分類と選定を詳細に行い、アカウントを徹底的に作り込む

広告の費用対効果を高めていく上で、ターゲットがどれだけ絞り込まれているかということが結果に大きく影響します。極端な例でいうと、北海道に住んでいるユーザーに関東圏の求人広告を表示させたとして、成約につながる確率が非常に低いことがわかります。関東圏にしかニーズが無いことがわかっているのであれば、関東圏に出稿を絞るべきと言えるでしょう。このように、ニーズを持ちうるユーザーを細かく分類し、それにあった広告出稿を徹底することで無駄な予算をかけずにすみ効率的であると言えます。

3

高頻度でアカウントを見直し、継続的に生産性を高める

広告の出稿までは勢力に行い、その後放置になってしまうケースを耳にします。しかしながら、アカウントは定期的に見直さなければ徐々にパフォーマンスが落ちていく傾向にあります。Webアクセルのリスティング広告運用代行では、週単位のアカウント管理で問題点の抽出を行いその都度打ち手を検討し実行します。

広告運用代行費の相場は運用額の20%ですが、Webアクセルのリスティング広告は運用額の15%です。
無料にてアカウント診断をお申込みいただけますので、お気軽にお問い合わせください。

03-6869-6399

(営業時間 9:30-18:00)

お問い合わせフォームへ

1営業日以内にご返信いたします。

e-book|リスティング広告

Webソリューションの具体的な活用方法を
e-bookにまとめました。

ダウンロード

お客様の声

お客様の声|不動産マーケティング担当者

予備校・塾
マーケティング担当者

リスティング広告を内製していたが、効果が計測できておらずどれだけのパフォーマンスか把握出来ていなかった。Webアクセルを利用することで広告運用とアクセス解析を組み合わせ、正確な効果測定・問題抽出を行うことができました。