Webサイト制作とは

自社の魅力をユーザーに適切に伝えるWebサイト制作

Webサイトを持つ理由は企業によって様々です。多くの事業者がWebサイトをつくる最初の動機は「どの企業も持っているから」といったものでしょう。しかしながら何においてもそうですが、目的意識を強く持って作られたWebサイトと、深く考えずに作られたWebサイトではユーザーへの伝達において雲泥の差が生まれます。

noimage

Web上でユーザーに何を伝えたいか、それがWebサイトを持つ理由

皆さまはホームページを通じてユーザーにどのようなメッセージを伝えたいでしょうか?

企業の成長を目指すのであれば、自社サービスの良さや取引することによるメリットなどを未来の顧客になりうる人に見てもらいたい。そのように考えるのが最も一般的でしょう。

Webサイトはいわば自動で動く営業マンのようなもの。伝えることを間違えると、まちがった方向に未来の顧客を誘導してしまいかねません。

逆に、Webサイトが常に自社の魅力を正確にユーザーに伝えてくれるとしたら、24時間稼働する優良な営業機能を担ってくれることになります。Webサイトは言葉を発しないので軽視されがちですが、持っているポテンシャルはもしかすると人を上回ってしまう可能性すらあるのです。

Webアクセルロゴ|Webサイト制作

根本的にWeb戦略を見直したい方へ
無料Webサイト診断を承ります。

詳細を見る

Webアクセルの
Webサイト制作

1

伝えたいメッセージにフォーカスしたデザイン制作

サービスの魅力や、こめられた思い、独自性、企業努力、将来の展望など、伝えたい根幹の部分にまで耳を傾け、デザインを思考します。Webサイトを持つことが当たり前になった今、違いをもたらさなければメッセージは伝わりません。

2

ユーザー視点で使いやすさの追求・集客力を高める

サービスが良いもので、サイトが使いやすければユーザーはアクションするだろう。このシンプルな仮説に立ち返り、使いやすい導線設計、好感のもてるデザインをユーザー心理の観点から形作っていきます。

3

後々のWebサイト運用を踏まえた設計、ビジネスに活きるWeb戦略をセットで

Webサイトは作って終わり、というのは大きな勘違いです。企業活動が毎月のように変動するのと同じように、Webサイトも変化していかなければすぐに廃れてしまいます。タイムリーに情報を変えたり、繁忙期・閑散期に合わせてWebサイトの利用方法を変えたり、柔軟な戦略をあとあと実施できるように、長期的な視点でデザインします。

ユーザーに伝えたい事が伝わるWebサイトを、入念な打ち合わせのもとつくります

03-6869-6399

(営業時間 9:30-18:00)

お問い合わせフォームへ

1営業日以内にご返信いたします。

e-book|Webサイト制作

Webソリューションの具体的な活用方法を
e-bookにまとめました。

ダウンロード

お客様の声

お客様の声|代表取締役

不動産
代表取締役

会社立ち上げと同時にWebサイトを制作しましたが、それから3年間ほとんど放置の状態でした。Webアクセルを通じてWebサイトをリニューアルしたところ、取引先や求人募集者の方からの反応が大きく変わり、集客にも良い影響が有りました。Webサイトはビジネスに欠かせないと思い、積極的に運用するように方針を変えました。