noimage

自社のWebサイト上であれば、表現は自由

今の時代、消費者は何かを購入する際、事前にWebサイトで調べることがほとんどです。Web上では特徴や価格などを横並びにして評価されているため、Web上でのアピールが上手な企業はチャンスを得やすいとも言えます。

強みをユーザーに伝える|Webソリューション活用のトータルサポートWebアクセル利用例

他社よりも良い点が少しでもあるならば、アピールしないのはもったいない

今の時代、消費者はWebを使って簡単に比較が行います。ある意味事業者サイドで考えると、差別化の必要性に迫られ悩ましい面もあることでしょう。他社よりも優れた点を生み出し育てることは簡単なことではありません。どの企業も優位性の獲得に向けて文字通り必死になって努力しているかと思います。

しかしながら、強みをみがく努力を惜しまない反面、見込み顧客に対して強みをアピールできていない企業が多くあります。せっかく他社よりも優れた価値が有るにも関わらず、それがうまく伝わらず顧客を逃しているのはとてももったいないことに感じます。

 

Webアクセルロゴ|自社の強みをユーザーにしっかり伝えたい

根本的にWeb戦略を見直したい方へ
無料Webサイト診断を承ります。

詳細を見る

Webでの出会いで自社の良い点を記憶してもらう

お客様と接するときにはすでにWebサイトで自社のことを調べた後であることが多いのでは無いでしょうか。現在の消費行動では、来店よりも前にWeb上で比較検討されていることがほとんどです。

どんなにサービスそのものが良かったとしても、接触する前に他社を選ばれてしまっている可能性があります。勝負はWeb上ですでに始まっているのです。

ユーザーが貴社のサービスを知る”Webサイト”で他社よりも優れた点をわかりやすく、伝わりやすい表現で伝えていくことが今後の消費者とのつながりをより深くするポイントになります。

noimage

Web上での比較検討で、自社の優位性をわかりやすくユーザーに伝えるサポートをいたします

03-6869-6399

(営業時間 9:30-18:00)

お問い合わせフォームへ

1営業日以内にご返信いたします。

e-book|自社の強みをユーザーにしっかり伝えたい

Webソリューションの具体的な活用方法を
e-bookにまとめました。

ダウンロード

お客様の声

お客様の声|不動産マーケティング担当者

不動産
代表取締役

Webサイトのリニューアルと定期的な改善によって、当社の特徴がWeb上でもアピールできるようになりました。伝わりづらく埋もれていた当社の強みが、お客様や採用募集者の方に伝わるようになり、Web経由でよい出会いを得ることが出来ました。